*伏見稲荷での恐怖体験

旦那は昔から毎月伏見稲荷大社でお参りしてます。

一緒に行ってお参りしますが、やっぱりすごい迫力ですね。

私は小さい時から霊感があったり、なかったり、波でシックスセンスが来るんですが、一度伏見稲荷でとても怖い体験をしたんです。

2014年頃だったと思うんですが、友達が東京から遊びに来た時に京都で観光してたんです。

金閣寺からバスに乗って、電車に乗り換えて、伏見稲荷にやっと辿り着いたのが4時頃。

1月末の寒い時期で、もう暗くなり始めてました。

私達が山を登り始めると、降りてくる人の大群とすれ違うばかりで、途中で何回か「戻ろうか?」と言ったような気がします。少し上がったところで経路図を見ていると、一人の若い男の人が降りて来て、私達に「今から上がるんですか?。。僕は毎日来てるんで慣れてますけど、暗くなると怖いので、気を付けて下さいね〜」とめっちゃ意味深に言ってサラッと去って行きました。

私と友達は顔を見合わせてほぼ同時に「今のん、キツネ?」って。

どんどんどんどん暗くなって、人がいなくなって来て、聞こえるのは私達の足音とカラスが頭上で鳴く声だけ。

夜景スポットでちょっと休憩して、お墓みたいな所を抜けて、帰り道を確認するのにもう一を経路図を見て、「下って行けばいいんよね?」と、2本に別れている道のうち下る方を進みました。

すると、ズラーっと続いていたはずの鳥居と鳥居の距離がどんどん開いてきて、街頭も減り、気がつくと真っ暗な森のど真ん中。。。あれ?ってなって、立ち止まっていると、下の方から大人が子供を呼ぶような「お〜い!」って声が聞こえて来ました。「あ!人がいてる!もうふもとまで来てる!」って思い、どんどん進んで行くと、そこはお墓と滝。道なんでどこにもない。もちろん人もいない。

あれ?何かおかしいぞって私が思ってると次の瞬間、私の真後ろで見えない何者かが「おぉぉーぃ」。。。

ぎょえぇぇぇぇぇーーーってなって、二人で猛ダッシュ!!!

そこに辿り着くまで10分もかからなかったのに、元の2本道に戻るまで30分近くかかった。

結局無事帰れたけど、それからしばらくは不思議な事がよくおきました。

バックやポケットの中から真っ赤な糸くずが大量に出て来たり、そこに置いていたはずの鍵が消えては同じ場所にまた現れたり。。

その出来事から数年は伏見稲荷を避けていたのですが、旦那と一緒にマメにお参りをするようになってから、今ではパワーをもらっているような気がします。

皆様も伏見稲荷大社に行く時は、夜は避ける事をオススメします!

私のちょっとした怖い体験話でしたw